【スクープ!】1/20 ユニコーンガンダム、ガンダムベース東京にて自動変身を実現!!

2017-12-22 17:00:00

ガンダムベース東京の中央に突如として写真のブラックボックス「G-CAGE」が登場!

このブラックボックス「G-CAGE」の壁面には、– For the future of GUNPLA –という文字が記され、中では何らかのテストが繰り返されている模様。

館内には、鼓動音が響き渡り、何か大きなプロジェクトの始まりを予感させます。

今回一足先に、G-CAGEの中を取材してきましたので、レポートをお届けします。(G-CAGE内部では、写真及び動画の撮影がNGとなっておりますので、このレポートではG-CAGE内の写真等を掲載できません。是非ご自身の目でお確かめください。)


G-CAGEの中に展示されていたのは、以前、ガンダムベース東京で展示されていた“1/20 ユニコーンガンダム”でした。(写真は以前展示されていた際の様子)

以前展示されていた際には、“1/20 ユニコーンガンダム(デストロイモード) Light Emitting Edition”(仮称)と銘打たれ、足元に展示されていたパネルの末尾には、”1/20スケールでのさらなる挑戦は続く…。To be continued…”という意味深な文言が添えられていましたが…今回漸くその意味が明らかになりました!


なんと、この“1/20 ユニコーンガンダム”、完全に自動で”変身“します!

すなわち、“1/20 ユニコーンガンダム”に誰も手を一切触れることなく、変身するということです。

このために新たに作曲したというBGMに合わせて、ユニコーンモードからデストロイモードへ変身、そしてデストロイモードから再びユニコーンモードへと戻る変身を、セットで計2回見ることができました!(1回の演出は約2分程度)

この“1/20 ユニコーンガンダム”の内部には小型のサーボモーターが組み込まれており、実物大ユニコーンガンダム立像の変身機構とはまた異なる、よりアニメ劇中に近い変身機構を実現しているようです。

実物大ユニコーンガンダム立像の変身シークエンスと見比べてみると、より楽しめそうですね!


実は、この特別展示「- For the future of GUNPLA –」の一般公開が、明日12/23(土)から始まります!特別展示の実施概要は下記となります。

==========================

【展示期間】

2017/12/23(土・祝)~2018/1中旬


【料金】

無料


【演出時間】

11:00~14:00 受付時間 10:00~

15:00~18:00 受付時間 14:00~

19:00~20:00 受付時間 18:00~


【公演回数】

20分ごとに実施予定。1公演約2分。


【受付】

先着順。規定人数に達し次第終了となります。整理券の配布はございません。


【受付場所】

ガンダムベース東京 イベントゾーン G-CAGE 横


【注意事項】

・写真・動画撮影は禁止となっています。

・コンセプトモデルのため、途中で公演が中止になる可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

==========================

特別展示期間中は、1回の演出につき、10人までと人数制限を設けての公開となるようですが、それ故に、人混みに視界を遮られることになく、存分に“1/20 ユニコーンガンダム”の変身を堪能することが出来ます。

正面から、下から、横から、違った角度から見ると、それぞれ新たな発見があるかもしれません。

今回の特別展示「– For the future of GUNPLA –」では、その名の通り、ガンプラの“未来”を感じることが出来ました。

常に進化を続け、プロポーションや可動範囲といった面では、非常に満足度の高い商品がリリースされるようになりましたが、ガンプラの進化はまだまだ止まらないようです。


それにしても、皆さん気になりませんか?

敢えて“ガンプラ”として位置付けられ…明確に“1/20スケール”とまで設定され…それに加えこの手の込んだ演出…。

これを見てしまったら、ただの展示に留まらず、さらなる次の展開を期待せざるを得ませんね!