『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』&『機動戦士ガンダムNT』配信スタート!

2021-10-16 00:00:00

いつもガンダムファンクラブをご利用いただきありがとうございます。

ガンダムファンクラブではただいまより『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の有料配信と『機動戦士ガンダムNT』の見放題をスタートいたしました!

ご視聴の際は、画面下メニュー「コンテンツ」>「動画」>から作品を選び、お楽しみください。

※『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』490円(税込)/7日でご視聴いただけます。

この機会に是非ガンダムファンクラブでご覧ください!

==

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
<あざやかな閃光 新たな世界の始まり――>
【STORY】
 第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。
 U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。
 そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。
 アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

==

『機動戦士ガンダムNT』
【STORY】
U.C.0097――。『ラプラスの箱』が、『ラプラス事変』と呼ばれた争乱の結果として世に示されて一年が経過した。
だが、ニュータイプの存在とその権利に言及した『箱』=『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みに大きな変化はなかった。
一方、『ラプラス事変』において、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』は一時的に瓦解し、活動は停滞。
また、争乱における主役となった“ユニコーンガンダム”と呼ばれる2機のモビルスーツは、人智の及ばぬ能力を発揮したことで危険視され、秘密裏に封印されていた。
しかし、2年前に消息不明となり、歴史から抹消されていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せる。
“フェネクス”と称されるその機体を巡り、再び動き出す人々。フェネクス争奪戦には、地球連邦軍や『袖付き』だけでなく、アナハイム・エレクトロニクス社とも関連の深い大企業、ルオ商会も介入する。
新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」を投入した彼らの真の目的とは……。

==